美術分野

fineart_cover密度の濃い少人数教育で描写や造形など表現の力を養成

絵画、彫刻、陶芸、グラフィックデザインにおいて、描写力・造形力や多彩な表現を学び、現代の多様なアートシーンで活躍できる人材を育成します。少人数教育によって1科目ごとに内容の濃い学びとし、制作スペースなど施設面も充実した環境の中で制作活動を行うことができます。美術の教員養成にも力を入れています。

現代アートシーンで活躍するプロの作家たちから学ぶ

現代アートに通じる専任教員に加え、さまざまな作家やデザイナーから学ぶことができます。

北翔大学の美術は50年の歴史を誇っています。昭和41年に短期大学工芸美術科として創設、平成12年大学に芸術メディア学科、さらに芸術学科として引き継がれました。美術分野では、多様なアートシーンの中で活躍できる画家、彫刻家、グラフィックデザイナーなどの美術家を養成します。高度な描写力、造形力を獲得することのできるカリキュラム構成になっており、絵画、彫刻、グラフィックデザインの専門の他、陶芸、美術概論、美学、デザイン概論、美術史、版画、木材工芸などを基礎からじっくりと学びながら確かな知識と技術を修得し、独創性あふれる作品を制作実習します。また、美術館・博物館で芸術作品を研究する鑑賞学習や学外での発表活動を通して創造力と表現力を高めます。美術分野の学生たちは、今日も絵画スタジオや彫刻スタジオ、グラフィックデザインスタジオなどの教室で各自の作品制作に励んでいます。

美術分野の学生は、在学中から道展、全道展、新道展、道展U21、全道学生美術展などの公募展やコンクールに積極的に出品し、高い評価を得ています。また、大学院生や研究生として、活動を続ける学生も多くいます。学生たちは個展やグループ展を地域と密着したギャラリーなどで積極的に発表活動を行っています。また、本学研究所北方圏学術情報センター内 にあるポルトギャラリーを活用して、展覧会の企画運営方法を学んだり、そのまとめとしての卒業制作展を実施しています。