北翔舞台芸術2年目定期公演が終了

北翔舞台芸術2年目定期公演が終了

恒例の2年目定期公演がポルトホールで上演されました。
5月と1月に行われる2年目定期公演は、名作といわれる西洋古典の作品を上演します。
できるだけ脚本に忠実に、演技の基礎、舞台における照明、音響、装置・美術、メイク・ヘアメイクについて学んでいきます。また舞台衣装については、毎回服飾美術分野の学生に作って貰っています。
V

ol.23の今回はチェーホフ作「かもめ」。入学したばかりの1年生もほぼ全員参加しました。

 

2年目定期公演Vol.23 かもめ

2年目定期公演Vol.23 かもめ

2年目定期公演 かもめ

2年目定期公演 かもめ

2年目定期公演では初日の前日に主に高校生を対象とした「公開ゲネ」を行っています。上演後、ダメ出しの一部を公開。その後、装置に関する簡単なワークショップを行い、最後に質疑応答を行いました。「どうしたら滑舌が良くなりますか?」「蛍を表現するには?」などと、いろいろな質問がでました。
ギャラリーAでは今まで上演した作品の写真展も同時公開されました。