「美術による学び」について考える展覧会

「美術による学び」について考える展覧会

幼児・小学生・中学生・高校生の造形活動・図工・美術の時間展
ー「美術による学び」について考える展覧会開催

本学のポルト研究の市民講座と共同開催で幼児・児童・生徒の造形美術作品展がポルトのギャラリーAで開催されました。ただ作品のみの展示ではなく、子ども達の思いも同時に伝わるような工夫がされています。幼稚園保育園から高校まですべての校種の造形美術活動を同時に見られる展覧会はとても珍しいものです。8月20日土曜日はギャラリートークを開催しました。高校生、大学生、そして美術の先生などが集まって、子ども達の作品や思いについて話し合いました。会期を9月15日まで延長しました。是非ご覧下さい。(16日から25日まではギャラリーBで継続展示します。)また、教育学科山崎正明先生の関係ブログ(http://yumemasa.exblog.jp)もご覧下さい。

美術の時間展2016-2

美術の時間展2016-1