「北翔建築チーム」が最優秀賞を受賞!

「北翔建築チーム」が最優秀賞を受賞!

北海道内の大学・短大・専門学校に在籍する学生を対象に開催された「北海道展示映像デザインコンペティション」(主催:Sapporo Tech Lab 構想検討委員会、後援:札幌市)において、芸術学科の学生チーム(グループ名「北翔建築チーム」)が最優秀賞を受賞しました(2016年10月14日)。メンバーは、芸術学科2年次の黒済知哉君・越智一将君、1年次の佐々木拓人君・山下達成君の4名です。作品タイトルは、『子どもたちを I T の未 来につなぐスクリーンBOX- 多面プロジェクションで表現するTK-80誕生の1976年から現代へ』です。
このコンペティションは1976年に日本で開発された世界発のマイコンボードを題材にして、子どもたちや市民にITの可能性や夢を感じさせる展示映像企画を募集したもので、 審査は、事前に提出していたA1判パネル1枚と10月14日に開催された公開発表をもとに行われました。最優秀賞の本学芸術学科チームには、賞状(札幌市長賞)と賞金が授与されました。なお、優秀賞には北海道情報大チームが、奨励賞には北海道教育大大学院生と札幌市立大チームが選ばれました。
%e5%bb%ba%e7%af%89%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%a002