北翔大学芸術学科 メディアデザイン

メディアデザイン

コンピュータ・グラフィックス 3Dアニメーション プログラミング デスクトップ・パブリッシング

コンピュータグラフィックス(CG)、デジタル映像、ウェブデザインなどの分野を情報とデザインの視点から探求していきます。アプリケーションの操作学習で終わることなく、創造する力・物事を観察する力・アイデアを形にする表現力から問題を解決するだけではなく、問題そのものを発見する力など、デザインに必要なスキルを身につけます。
1・2年次には基礎的な知識や技術を学び、3年次には少人数制のゼミに所属し、より専門的に学習します。4年次の卒業制作は、4年間の集大成として研究テーマを考え、1年間を通して制作活動に励みます。専門分野には、主に印刷物のレイアウトデザインを中心としたDTP (デスクトップパブリッシング)、インターネットやネットワーク技術を用いて情報を構築するウェブデザイン、デジタルカメラなどの映像機器を用いた撮影から編集までを行うデジタル映像、3Dモデリング、アニメーションからプログラミングによるアート表現、アプリ開発など、クリエイターとして必要な知識や技術を基礎から応用へと段階的に修得できるカリキュラムを用意しています。
卒業を待たずに在学中から学外へ飛び出て、地域における企業、NPOとの共創を通じて社会経験を積むことも可能です。デザインの世界へと踏み込もうと考えている学生のためのポートフォリオ(作品集)制作や学生の積極的な制作・研究活動を支援します。