北翔大学芸術学科について 3つのポリシー

芸術学科について

3つのポリシー

DIPLOMA POLICY 学位授与方針

本学科では、以下に示す資質・能力等を修得した者に学位を授与します。
【知識・理解】
(1) 豊かな人間性と芸術分野における幅広い知識を身に付けている。
(2) 選択した分野の専門的知識を身に付けている。
【技能・表現】
(3) 芸術の多様な技能と豊かな表現能力を身に付けている。
(4) 豊かな表現能力・活用能力を身に付けている。
【思考・判断】
(5) 芸術の幅広い視点に基づく問題分析力・考察力・対応力を身に付けている。
(6) 問題解決に関する提案力を身に付けている。
【関心・意欲・態度】
(7) 芸術活動を通した自己探求力を身に付けている。
(8) 社会における自分の役割を自覚する力を身に付けている。
(9) 社会における文化振興に貢献し、社会人としての使命感や責任感を持って行動する力を身に付けている。

CURRICULUM POLICY 教育課程編成方針

本学科では、ディプロマ・ポリシーに掲げる目標を達成するため、以下の方針に基づき教育課程を編成します。
【教育内容】
(1) 芸術教育を通して創造性を培うために、美術、メディアデザイン、インテリア建築、服飾美術、舞台芸術の5分野に関する専門科目を配置する。
(2) 芸術理解、表現技術、情報技術、アート教育・文化、平面表現、立体表現、空間・身体表現、発想・企画・プレゼンテーション、総合・統合の芸術の各領域で構成されており、理論と実践に係る研究を深め、技能を向上させるための科目を設定する。
(3) 創作活動や発表を活発に行うことによって、専門分野をさらに深化させ、社会人としての教養を修得することができる編成とする。
(4) 各学生が自ら選択する分野で、専門的学習が行えるよう分野別の教育課程を整備し、さらに、複数の分野の専門科目を履修できる枠組みを設定する。
【教育方法】
(1) 主体的な学びを促進するために、講義、演習、実習科目において、アクティブ・ラーニング等を取り入れた教育方法を採用する。
(2) 3年次に専門演習、4年次に卒業研究など、少人数制のゼミを必修化し、教員が各学生の身近な存在となり、目の行き届いた教育を実施する。
【教育評価】
(1) 提出課題、作品などを評価対象として、教員による評価を毎学期実施する。
(2) 4年間の総括的な学修成果については、外部での発表会などを通して、担当教員による卒業研究の評価によってこれを行う。

ADMISSION POLICY 入学者受け入れ方針

本学科では、以下に示す資質・能力等を身に付けた者を受け入れます。
(1) 高等学校の教育課程を修了し、高等学校卒業に相当する学力を身に付けている。
(2) 美術、メディアデザイン、インテリア建築、服飾美術、舞台芸術などの芸術分野に興味があり、芸術の学びを通して成長したいという意志を有している。
(3) 自分のことだけではなく、広く社会を見渡し、自分の創造力や構想力によって他者に寄与したいという意志を有している。
(4) 様々な事を思案するだけに留まらず、芸術分野における創作表現の実践や、既成概念にとらわれない新たな挑戦を行いたいという意志を有している。
(5) 創作制作を通じ、他者と互いに学び合いたいという意志を有している。